/

この記事は会員限定です

公共施設の跡地利用など 香川の自治体と企業が知恵絞る 

[有料会員限定]

香川県で官民が連携し、地域の行政課題の解決を図る動きが広がってきた。百十四銀行が運営代表を務める官民連携組織は2021年、行政施設などの具体的な活用策を探る事業を開始した。東かがわ市では2月、官民チームで行政課題の解決策を探る研修事業を実施した。少子高齢化の進展で将来の職員減・税収減の時代に備えて企業の知恵を活用する。

百十四銀行は香川県や高松市、日本政策投資銀行と「かがわPPP/PFI地域プラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン