/

この記事は会員限定です

箔一、金箔×イノシシ革で商品 石川でジビエ利用も

[有料会員限定]

農業保護などのために捕獲したイノシシを利活用し、ジビエ(野生鳥獣肉)や革細工など特産品を育てる動きが石川県で盛んになっている。金箔大手の箔一(金沢市)は、イノシシ革を金箔で彩った名刺入れを発売。若手猟師によるジビエ加工会社も発足しており、農業被害の抑制と地域活性化の両立につなげたい考えだ。

箔一は9月、同社として初めてイノシシ革を利用した名刺入れを発売した。緑や紺などカラフルに染めた革に、職人が金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン