/

この記事は会員限定です

世界屈指の好漁場、三陸沖でもサーモン養殖拡大

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

「世界三大漁場」に数えられる三陸沖を抱える東北でも養殖漁業の重要性は高まっている。漁業産出額に占める養殖業の割合は、宮城、岩手両県で伸び(2015~20年)が目立った。宮城ではカキの養殖場が環境配慮に関する国際認証を取得、岩手では沿岸各地でサーモン養殖が拡大している。ブランド化により安定した収益確保につなげようと、養殖方法の改良や新手法の導入も探る。

沿岸水産業の主力魚種、秋サケの記録的不漁が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン