/

この記事は会員限定です

茨城の自治体、ふるさと納税上積みでつばぜりあい

北関東ファイル

[有料会員限定]

茨城県の自治体が、ふるさと納税の受け入れ額を増やそうとしのぎを削っている。つくば市は企業版ふるさと納税の企画・運用を担う役職を新設。つくばみらい市はゴルフ場で簡単に納税できる仕組みを導入した。関東地方で受け入れ額が4年連続首位の境町は町内産ワインを返礼品に追加し首位の座維持を狙う。地域振興と知名度向上を目指し競争は熱を帯びている。

つくば市が新設するのは「ファンドレイジング推進監」。人材サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン