/

静岡県川根本町、若者の定着支援 島田掛川信金と協定

静岡県川根本町の鈴木敏夫町長(左)と島田掛川信用金庫の伊藤勝英理事長

静岡県川根本町は8日、島田掛川信用金庫(静岡県掛川市)と若者の定住促進や進学を支援する連携協定を結んだ。学生に地元企業の情報を提供するほか、低金利の教育ローンを設ける。若者が流出して高齢化が進む中、卒業後も地域で就労しやすい環境を整える。

「川根本町ネクストリーダーズプロジェクト」を2022年度から始める。参加した学生を対象にSNS(交流サイト)などを通じて、町内企業のインターンシップや採用情報を提供するほか、教育ローンの一部の補助などを行う予定だ。

川根本町の鈴木敏夫町長は協定式で「若者の定住や地元就職が促進し、次世代のリーダーとなるような人材が育つことを期待する」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン