/

この記事は会員限定です

多様な人材で研究力磨く 大学のダイバーシティー本格化

[有料会員限定]

全国の大学でダイバーシティー(多様性)を尊重する取り組みが広がってきた。「ダイバーシティ宣言」を掲げ、ジェンダーギャップ(性別に伴う格差)解消や国籍、障害の有無などに関係なく、学びや研究を深められる環境づくりを進める。多様な人材を掘り起こし、大学の持つ研究力を最大限に引き出す狙いもある。

上智大学は毎年、女性に対する暴力撤廃デー(11月25日)から世界人権デー(12月10日)までの期間を「ソフィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン