/

ウオロク、大分県産の水産物販売を拡大

新潟県内でスーパーマーケットを展開するウオロクホールディングス(新潟市)は、大分県産水産物の販売を拡大する。大分県から「おおいたの魚パートナーシップ量販店」の認定を受ける。ウオロクの本多伸一社長が12日に大分県庁を訪ね、大分県の広瀬勝貞知事から認定証の交付を受ける。

2011年度以降、ウオロクでは大分県産養殖ブリを通年販売している。19年以降は、かぼすブリフェアなどを開催し、連携を深めてきた。大分県は北は瀬戸内海、南は豊後水道に面し、変化に富んだ地形に応じた様々な漁業が盛んだ。高級ブランド魚の先駆けである関あじ、関さばに加え養殖も盛んで、なかでもブリ類、ヒラメは全国トップクラスの生産量という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン