/

書店チェーンのSH東雲堂が特別清算 負債193億円

広島県などで書店チェーンを運営していたSH東雲堂(広島市、旧フタバ図書)が5月27日付で広島地裁から特別清算の開始命令を受けていたことが分かった。負債額は約193億円。事業は別会社のフタバ図書(広島市)が引き継いでいる。

代理人弁護士が明らかにした。SH東雲堂は書籍販売の苦戦に加え、事業多角化の失敗もあって資金繰りが悪化した。現フタバ図書はもみじ銀行などが出資して設立され、2021年3月に事業を承継した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン