/

この記事は会員限定です

さいたま芸術劇場 ジャンル超え、新たな公共劇場目指す

潜望展望

[有料会員限定]

演出家の故蜷川幸雄氏が創設した彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)の名物劇団が今年、相次ぎ解散する。一般市民を巻き込んだ劇団の活動は高い評価を得たが、後継指導者の不在、新型コロナウイルスの感染拡大による活動制限が響いた。次期芸術監督でダンサーの近藤良平氏は劇団の「レガシー」を継承しつつ、ジャンルを超えた、地域や観客との距離が近い新たな公共劇場を目指す。

解散するのは高齢者劇団「さいたまゴールド・シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン