/

住宅の太陽光義務化、小池知事「必要な支援検討」

東京都の小池百合子知事は7日の都議会本会議で、新築住宅などへの太陽光発電設備の設置義務化の金銭面の支援について「専門家の意見を聞きながら、丁寧に検討し、必要な支援などに繫げる」と述べた。

太陽光設置は住宅メーカーに対し義務付ける方針だが、設置費用は住宅購入者に転嫁されるため、住宅価格の上昇を懸念する声が上がっていた。

都民ファーストの会の荒木千陽議員の代表質問に答弁した。小池氏は欧米で太陽光パネルの設置義務化の動きが広がっていることを挙げ「(脱炭素化に向けた)行動を加速すべき時だ」と強調した。

都は省エネ性能の高い新築住宅への太陽光パネル設置に対し補助制度を設けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン