/

この記事は会員限定です

福祉タクシー、首都圏で広がる 24時間対応や子育て支援

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏で介護タクシーや妊婦・子育て世代を対象としたタクシーが増えている。新型コロナウイルス禍による外出自粛で一般のタクシー需要は落ち込んだが、高齢化で介護施設の利用や通院などの送迎需要は増えている。子育て世代向けも、使い勝手を高めるなどして需要に対応している。

事故車買い取りのタウ(さいたま市)は4月、埼玉県などで福祉タクシーを始めた。運行台数は1台だが、要介護の高齢者や障害者、けがや病気、妊娠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン