/

神奈川県、病床確保フェーズ「3」に引き下げ

神奈川県は7日、新型コロナウイルスの入院患者の減少を受け、病床確保フェーズを「4」から「3」に引き下げると発表した。コロナ患者を受け入れる病床数を減らし、各医療機関が通常医療への対応をしやすくする。県が確保する病床数は現在の2100床から1700床へと減少する。

同日、県が神奈川モデル認定医療機関に通知した。病床の内訳は重症用が50床減の160床、中等症・軽症用が350床減の1540床とする。県内では第6波のピーク時の2月下旬に入院患者が1800人を超えていたが、4月6日時点で681人まで減少していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン