/

東京・港区、金曜夜に接種枠新設 土日静養に配慮

港区は9月中旬に金曜夜の接種を始める

東京都港区は7日、9月中旬から金曜日の夜間に新型コロナウイルスワクチンを接種できる区民向け会場を設けると発表した。「週末ミッドナイト接種」として、午後7時~午前0時と仕事終わりの人でも打ちやすい接種時間を設定した。副作用が出た場合に土日に静養できるよう配慮して金曜日とした。当日予定が空いて急きょ打つ時間ができた人向けの当日予約枠も設ける。

区には「副作用が出ても次の日に休めないので接種ができない」などの声が届いていたといい、これまで接種したくても予定が合わずに打てなかった人が会場を訪れやすくする。

接種は17日から一部を除く金曜日に、区内の東京グランドホテルで実施する。接種人数は各日100~400人で、このうち50~100人を当日予約枠とする。予約は9日からで、当日予約は各日午後1時から受け付ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン