/

この記事は会員限定です

鳥取銀行、顧客管理システム内製化 3年で10億円投資

[有料会員限定]

鳥取銀行は顧客管理などに使うシステムを内製化する。これまで外部委託していたが、より顧客のニーズに合ったサービスを提供しやすくし、行内のデジタル習熟度の向上を図るのが狙い。全行規模でタブレット端末を配備し業務のモバイル化も進める。今後3年で約10億円を投資する。デジタル戦略強化や人材育成の一環として店舗再編も併行して進める。

これまで顧客管理や社内での経費管理などは外部のシステムを使っていた。だが、融資先企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン