/

岡山・津山でペットボトルリサイクル サーキュラーペット

再生ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂製造のサーキュラーペット(東京・港)は岡山県津山市にペットボトルリサイクル工場を建設する。製造能力は年間2万5000トン。PET樹脂はペットボトルのほか衣料などの製造原料となり、西日本での供給拠点にする。

建設するのは津山市内の県営久米産業団地の区画(約5万平方メートル)。すでに県から約3億5800万円で買い取る契約を結び、津山市と3者でも立地協定を結んだ。

同社は仏の環境サービス大手のヴェオリア社の日本法人と三井物産セブン&アイ・ホールディングスの3社が20年4月に設立。ヴェオリア社の技術を生かして不純物の混じったペットボトル再生に強みを発揮、環境負荷の低減を進める。

22年度中に着工し、23年度の操業開始をめざす。従業員約60人のうち55人程度の新規雇用を計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン