/

エヌアイデイ、千葉・佐原で駐車場の混雑可視化

IT企業のエヌアイデイは千葉県香取市の佐原地区向けに、駐車場の混雑具合を表示するシステムを開発した。人工知能(AI)を活用し、リアルタイムで混雑具合をウェブ上で表示し、駐車場までのルートを案内するサイトを提供する。佐原地区は一方通行の道路が多く、中規模の駐車場が分散しているため、新たなシステムで混雑の緩和を図る。

駐車場に設置したAI搭載カメラが、車数を把握して混雑度を自動判定する。データは車の画像ではなく、台数の情報に変換してクラウド上に保存するため、ナンバーや車種などの情報は保持しない。撮影は駐車場の一部にし、全体の混雑状況を予測する仕組みにして費用を抑えた。

今後、システムを導入する駐車場を増やしていく。収集したデータは今後のシステム開発に生かす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン