/

山口県知事「福岡県との往来は控えて」

山口県の村岡嗣政知事は7日に記者会見し、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象に隣の福岡県が追加されるのを受け、県民に「宣言の期間中は往来を控え、予定は先に延ばしてほしい」と要請した。通勤や通学などで行かざるをえない県民には「感染防止対策を徹底し、仕事が終われば真っすぐに帰ってきて」と呼びかけた。

県内では4月以降、クラスター(感染者の集団)が13件発生している。村岡知事は「変異ウイルスは感染力が強く、飲食店や病院だけでなく、職場や学校でのクラスターが増えている」と話し、これまで以上に感染対策を徹底するように求めた。一方、13、14日に予定されている県内の聖火リレーについては予定通り実施する方針と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン