/

この記事は会員限定です

コメ由来のプラスチックで「地産地消」 新潟からSDGs

信越企業攻めの一手

[有料会員限定]

おもちゃやカトラリー、バケツ――。日本一のコメどころ新潟県で、コメ由来のバイオマスプラスチックを使った商品開発が相次いでいる。材料を供給するのは、コシヒカリで有名な同県南魚沼市に本社を置くバイオマスレジン南魚沼(同)だ。食用米の需要が減るなか、新たなコメの「地産地消」として地元の期待も大きい。

豊かな田園風景が広がる南魚沼市の国道17号線沿い。バイオマスレジン南魚沼の工場入り口に近づくと、米を炊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません