/

クスリのアオキが組織再編 フードや生鮮の専門部を新設

クスリのアオキホールディングス(HD)は7日、21日付で子会社のクスリのアオキで組織を再編すると発表した。商品展開を担当する商品本部内に、フードや生鮮を扱う部をそれぞれ新設する。従来の医薬品や生活雑貨に加えて食品事業も強化し、激化するドラッグストア業界の競争で生き残りを図る。

クスリのアオキはフードや生鮮を扱う専門の部を設ける

商品本部では、現在の4グループ体制を改変する。薬品や化粧品と、フード、生鮮の3部に再編し、グループから部に昇格させる。出店数が700店を突破し、営業エリアが急速に広がっていることから店舗の運営体制も見直す。

クスリのアオキHDは近年、相次いで食品スーパーのM&A(合併・買収)に乗り出している。ドラッグストアとスーパーを組み合わせた店舗展開を推し進める狙いがある。担当者は「22年5月期を初年度とする中期経営計画を見据えて組織を見直す」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン