/

この記事は会員限定です

愛媛の中小企業、資源の域内循環で連携 営農型発電など

[有料会員限定]

愛媛県内の中小企業の経営者たちの間で、地域内での資源循環に向けた取り組みが動き出そうとしている。2021年に再生可能エネルギーの導入を促す新会社を設立したのに続き、今春からは太陽光発電と農業が一体となった営農型発電を始める。世界的に環境意識が高まるなか、中小企業が主体となって地域経済の活性化と地球環境の保全の両立を目指す。

1月上旬、愛媛県今治市の田園地帯の一角で太陽光パネルの設置工事が進んでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン