/

富山県、感染拡大警報を発出 オミクロン型に備え

富山県は7日、新型コロナウイルス感染拡大警報の「富山アラート」を出した。2021年7月に続き5度目となる。新規陽性者数や感染経路不明の新規陽性者数など県で定める判断指標は超えていないが、新型コロナウイルスの変異型の1つ「オミクロン型」が全国で広がっているため前倒しした形だ。

オミクロン型に感染した患者や濃厚接触者への対応についても同日、発表した。患者に関しては症状に応じて入院や宿泊施設での療養、自宅療養で対応する。濃厚接触者は、自宅などでの待機となる。これまでは、感染した患者は全員入院させ、濃厚接触者は全員宿泊施設での待機を原則としていた。

記者会見で新田八朗知事は「自粛要請を求めるステージ2や3を避けるために、3連休を前に感染拡大防止への取り組みをお願いしたい」と話した。

県が7日に発表した新規陽性者数は13人で、21年9月15日以来114日ぶりの2桁台となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン