/

島根県、プレミアム飲食券を追加発行 使用期限も延長

島根県の丸山達也知事は7日の記者会見で、県独自のプレミアム飲食券を追加発行することを明らかにした。県内で新型コロナウイルス感染症が急拡大し、飲食需要の長期低迷が予想されるため、消費喚起を図って下支えする。

4月に販売を開始した県独自の飲食券は6000円分(500円券を12枚)を5000円で販売する。これまで54億円分の発行予定だったが、18億円分を追加する。販売期間は9月30日までから2023年1月15日までに、利用期限は10月31日までから23年1月31日までにそれぞれ延長する。

また感染拡大を抑えるため現在、県が求めている飲食店の利用制限について、県のコロナ対策認証を受けている店舗を利用する場合は2時間以内を3時間以内に緩和する。松江市、出雲市など県東部4市では4人以内、その他の地域では8人以内の人数制限は変更がない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン