/

埼玉りそな銀行、行員が埼玉県150周年記念ポスター作成

埼玉りそな銀行は、埼玉県の誕生150周年を記念して行員がポスターを作成し、福岡聡社長らが7日、埼玉県の大野元裕知事に紹介した。各支店の行員が地域の名所や歴史、偉人などをまとめて県内の魅力を発信している。大野知事は「埼玉県を盛り上げ、地元を大切にしてもらい、感謝する」と述べた。

各支店が作成したポスターを紹介する福岡社長と大野知事(7日、埼玉県庁)

ポスターは新入社員や若手社員が中心となって各支店ごとに作り、109支店がそれぞれの店舗で掲示。9月中はそのうち36支店の作品を埼玉県庁の渡り廊下に展示している。

福岡社長は「社員が自らの足で地元を知ることで、支店のお客様や地域社会に対する愛情が深くなる。(支店内の)融和のスピードもあがる」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン