/

東京都葛飾区、区立小中の給食費完全無償化へ 23区初

東京都葛飾区は7日、区立小・中学校の給食費の完全無償化を2023年度当初予算案に盛り込むと発表した。所得制限を設けない学校給食の無償化は23区で初めて。対象は区立の小学校・中学校・特別支援学校計74校に在籍する計約2万9000人の児童・生徒。区は23年4月開始を目指して、区議会や教育委員会と調整していく。

区によると経費は総額約17億円を見込む。うち約7億円は既に実施している多子世帯向け給食費補助などの公費負担分を含む。

青木克徳区長は「食育と子育ては自治体として支援していくべきだ。給食費の無償化は継続する必要があり、区政を取り巻く状況などを踏まえて23年度以降も継続可能と考える」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン