/

八海醸造、米ブルックリンクラと資本業務提携

日本酒「八海山」などの蔵元、八海醸造(新潟県南魚沼市)は米ニューヨークの酒造Brooklyn Kura(ブルックリンクラ)と業務資本提携を結んだ。出資の金額や比率は明らかにしていない。商品開発や販路開拓などで協力し、米国での日本酒の普及につなげる。

八海醸造は2月、米ニューヨーク州に米国法人Hakkaisan Brewery USAを設立。現地法人設立に伴い、業務提携ではまず、八海醸造の日本酒造りの技術の伝承などをする。将来は日本酒をはじめ、クラフトビールや蒸留酒、発酵食品の共同開発や販路開拓でも協力する計画だ。

2022年後半にも八海醸造の営業や蔵人などの社員のブルックリンクラへの駐在も予定している。八海醸造グループの海外法人設立と海外企業との提携は初めて。

ブルックリンクラは16年創立のクラフトサケメーカー。ニューヨーク市内のブルックリン地区で製造した日本酒をその場で提供するタップルームを併設した製造所を持つ。年間製造量は約54キロリットル。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン