/

この記事は会員限定です

茨城・牛久市産のブドウ果汁100%発泡酒 限定2000本

[有料会員限定]

茨城県牛久市と山梨県甲州市が運営する「ワイン文化日本遺産協議会」(牛久市)は、牛久市産ブドウ果汁を使った発泡酒を発売した。同市のワイナリー、牛久シャトーが協力し、同施設発の発泡酒第1号として販売する。新たな名物として売り込むと同時に、ワイン以外の収益源に育てる。

「うしく あわいろ紫滴(しずく)」は、100%牛久市産のブドウ果汁、国産大麦、ドイツ産麦芽、ドイツ・チェコ産のホップを使用。500ミリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン