/

林文子・横浜市長、4選出馬検討「熟慮中」

(更新)

任期満了に伴う横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)で、現職の林文子市長(75)は7日の定例記者会見で、4選を目指して立候補することを検討していると明らかにした。市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)について推進の立場で立候補する見込みだ。6月下旬から出馬表明が相次いでおり、候補予定者が乱立する事態となっている。

横浜市長選への出馬を熟慮すると表明した林市長(7日、横浜市)

7日の記者会見で林氏は地元の支援者らから立候補の要請を受けているとしたうえで「現在、熟慮している」と述べた。「いままでコロナ、五輪ということで考えられない状況だった」とし、これまで進退を明らかにしていなかったが、この日は踏み込んで発言した。近く出馬することを表明するとみられる。

一方で、現在、横浜市議会の最大与党でIR推進姿勢の自民党横浜市連は態度を明らかにしていない。これまで多選を理由に林氏を支援しない方針を伝えていたが、候補者選びは難航していた。自民党の小此木八郎衆院議員(神奈川3区)が「IRとりやめ」を掲げて出馬を表明し、支援するかでどうかで市連内で紛糾している。

市長選をめぐっては出馬表明が相次いでいる。弁護士の郷原信郎氏(66)が出馬の意向を7日表明した。無所属で立候補する予定だ。IRについては反対の立場で「条例を制定し住民投票で誘致是非を問う」とした。横浜市の中央卸売市場の山下ふ頭への移転や区長の権限強化なども掲げた。元長野県知事の田中康夫氏も立候補の意向を明らかにしており、8日に市内で会見を開く予定だ。IRには否定的とみられる。

6月末には「IRを断固阻止する」として横浜市立大学元教授の山中竹春氏が出馬を表明した。立憲民主党が推薦し、IR反対の統一候補として各政党、市民団体に支援を呼びかけている。

ほかにIR反対の立場で、横浜市議の太田正孝氏、動物愛護団体代表理事の藤村晃子氏、水産仲卸会社経営の坪倉良和氏が出馬を表明している。これまでIRに賛成の出馬予定者は元衆院議員の福田峰之氏のみとなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン