/

秋田県、東北学院大と就職支援で協定

秋田県は7日、東北学院大学と学生の就職活動の支援について協定を結んだ。県内企業の情報などを提供し、地元出身者らの県内就職につなげる狙い。県が県外の大学とこうした協定を結ぶのは23校目。同大学の就職支援の協定は北海道、岩手県、青森県に次いで4道県目になる。

協定では学生に県内企業の情報を提供するほか、学内での合同企業説明会開催でも連携する。学生の就職実績も情報交換する。県内企業への学生のインターンシップ参加も支援する。

県によると、東北学院大に進学した県内の高校生は2021年4月までの4年間で計426人に上る。県外の大学では新潟大学に次いで2番目に多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン