/

埼玉県内企業、6割超が現在もコロナ影響 民間調査

ぶぎん地域経済研究所は埼玉県内企業を対象に新型コロナウイルスによる企業活動への影響についてまとめた。現状と今後の見通しについて「マイナスの影響がある」と回答した企業は全体の6割超だった。

今後の見通しについてマイナスの影響があると回答したのは62%だった。製造業は58%、非製造業は68%で「非製造業の方が業況回復の足取りが鈍い」(同研究所)状況が続きそうだ。

足元の生産量や売上高がコロナ禍以前に比べて減少した企業に、コロナ禍前の水準に戻るまでにかかると見込まれる時間について尋ねたところ、「わからない」が最も多い36%だった。次いで「1年程度」が34%、「2年以上」が20%だった。「戻らない」は2%で、「既に回復」と回答した企業は1%だった。

調査は4~5月にかけて537社にアンケートし、179社から回答を得た。回答率は33%。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン