/

この記事は会員限定です

獺祭原料の山田錦に独自基準 旭酒造、海外を意識

[有料会員限定]

日本酒「獺祭」の製造元である旭酒造(山口県岩国市)が原料となる山田錦の品質向上に力を入れている。精米を進めても割れないようにするため独自の基準を設定。山田錦の品質を競うコンテストを開催しているほか、22年からは全量検査を実施して基準を満たす場合は高く買い取っている。海外を中心にコメをより磨き上げた酒が高評価を受けており、製品の質を高めて新規顧客の開拓などにつなげる。

旭酒造は17日に東京都千代田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません