/

この記事は会員限定です

福山城400年「文化創造の起点に」 虎屋本舗社長に聞く

[有料会員限定]

広島県福山市の福山城は2022年に築城400年を迎え、大幅な改修を行った。和菓子の老舗、虎屋本舗(福山市)はこれに先立つ20年に創業400年を迎え、福山城にも深い関わりを持つ。21年に第17代当主と社長に就いた高田海道氏にその歩みや福山城への思いを聞いた。

――虎屋本舗と福山城にはどういう縁がありますか。

「弊社はもともと兵庫の廻船(かいせん)問屋で、築城時に伏見城から伏見櫓(やぐら)の建材を運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン