/

この記事は会員限定です

長野県内企業、ダイバーシティに力 専門部署設置などで

[有料会員限定]

長野県内の企業がダイバーシティ(多様性)の推進に向けて動き出した。八十二銀行が6月に専門の部署を設置したほか、地質・土質調査の土木管理総合試験所は社内プロジェクトを立ち上げ、まずは女性活躍につながる働き方の整備などを模索する。東京証券取引所の企業統治指針などでも人材の多様性が求められるなか、県内企業の取り組みは今後さらに加速していきそうだ。

八十二銀は人事部にダイバーシティ推進室を設置した。人事部内ではこれまでもダイバーシテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン