/

この記事は会員限定です

東南アジア・インド、日本のキーボードで裾野広げる

電子ピアノ弾む市場 成長求めて㊦

[有料会員限定]

楽器メーカー各社は中国に次ぐ電子ピアノの成長市場を東南アジアやインドに求める動きを加速している。新興国では、まず比較的安価で機能性の高い電子キーボードの販売を強化。現地の音楽文化に合ったモデルを相次ぎ開発する。楽器教育を普及させる教室事業を通じて鍵盤楽器の裾野を広げ、将来の電子ピアノの需要につなげる。

新型コロナウイルス拡大前にインドで開かれた宗教催事。プロのアーティストが速弾きする電子キーボー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン