/

太陽光で水耕メロン 宮城、異業種が挑む荒廃農地再生

データで読む地域再生 まとめ読み

2022年10月7日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、耕作されずに放置され、作物の栽培ができなくなった「荒廃農地」を取り上げました。農林水産省によると、荒廃農地は20年時点で耕地面積の6%にあたる28.1万ヘクタールあります。農業を担う人材の高齢化や担い手不足が進むなか、地域の再生には放置された農地を早い段階に再生し収益性を高めることが欠かせません。全国各地の取り組みをまとめました。

宮城県東松島市、太陽光で水耕メロン 異業種が荒廃農地再生

千葉県睦沢町、オリーブの木1000本育つ 道の駅で加工・販売

愛知県江南市、「農福連携」でさつまいも 加工事業にも参入

岡山県瀬戸内市、トマト栽培21年度に黒字化 障害者約20人雇用

北海道雄武町、寒冷地で育つそば畑に転換  そば焼酎など特産品に

福井県あわら市、ドローンで土壌測定 稲作の作業負担減らす

長崎県雲仙市、放棄地再生に独自の補助 収入アップに効果

和歌山県田辺市、害獣駆除で農地荒廃防ぐ ウメ畑など再生

データで読む地域再生

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません