/

金沢市と都市再生機構、まちづくり連携協定

金沢市と都市再生機構(UR)は8日、同市の中心市街地の活性化を狙って、まちづくりに関する連携協定を結んだ。金沢駅から繁華街の香林坊・片町につながる「都心軸」といわれる一帯の活性化などについて検討する。市は全国的な視点に立った考察のため、URの知見を活用することにした。

北陸新幹線の金沢開業やその後の観光集客の増大を背景に、オフィスなど業務機能の金沢駅周辺への移転、オフィスのホテルへの転換といった動きが進んだ。郊外での大規模商業施設の立地や新型コロナウイルス禍の影響もあり、中心街の都市機能が低下するおそれがある。

村山卓市長は中心街に立地する日銀金沢支店の移転後の利用などをあげ「都心軸の魅力をどうつくるかが課題」と指摘。URの中山靖史東日本都市再生本部長は「市町村と一緒にまちづくりを進めるのが使命」などと話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン