/

この記事は会員限定です

山形・鶴岡の庄交コーポが逆張り戦略、循環バス便4倍増

[有料会員限定]

バスや旅行、ホテルなど多くの子会社を擁する庄交コーポレーション(山形県鶴岡市)は10月、鶴岡市内の循環バスの便数を4倍に増やす逆張り戦略に打って出た。利便性向上による利用者増を狙う。新しい観光業のあり方も模索する国井英夫社長に、ウィズコロナ時代に向けた戦略を聞いた。

――市内循環バス拡充の成果はいかがですか。

「1路線を追加し、それぞれ1時間に1本運行することで、従来の2路線左右回り12便から3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません