/

この記事は会員限定です

水戸の百貨店、そば栽培に挑む 創業の地で休耕地活用

[有料会員限定]

茨城県唯一の百貨店、水戸京成百貨店(水戸市)が地域の農家や企業と連携した新たな試みを始めた。創業の地の常陸太田市では社員自らそばを栽培して直営そば店で使うとともに、休耕地を活用する。店内では県産工芸品の常設販売を始め、ものづくりの魅力も発信する。地元との連携を深め、特色ある店舗づくりに生かす。

県産ブランド「常陸秋そば」のルーツとされる常陸太田市の金砂郷地区。芹沢弘之社長を含む水戸京成百の社員有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン