/

亀田製菓、食品で3ブランド 統一ロゴで訴求

亀田製菓は新たに食品の3ブランドを立ち上げる。代替肉、米粉パン、乳酸菌の3分野について、統一したロゴをあしらった商品をグループ会社と共に展開する。食品企業として消費者や企業へのアピール力を高める。

植物由来の代替肉は「JOY GREEN(ジョイグリーン)」のブランドで4月1日から展開する。新たにベースミート(塊肉)もホテルやカフェチェーンなどの業務用として売り出す。

グループ会社のマイセン(福井県鯖江市)の「大豆と玄米のベジミンチ」「大豆と玄米のベジフィレ」を同日付でリニューアルし、新たに「大豆と玄米のベジスライス」も発売。いずれも新ブランドを冠して展開する。

米粉パンは「Happy Bakery(ハッピーベーカリー)」のブランドに統一する。グループ会社のタイナイ(新潟県胎内市)が7日に発売した「おこめ丸パン」など9商品で採用。今後はマイセンの米粉パン事業をタイナイに移行し、米粉パンを順次「ハッピーベーカリー」に統一する。

コメ由来の乳酸菌は「RiceBIO(ライスビオ)」ブランドで展開する。現在は素材としてサプリメントや健康食品などの企業へ供給しているが「2022年度中にはライスビオのブランドで消費者向けの新商品を投入する予定」という。

亀田製菓の22年3月期の食品事業の売上高は61億円を見込む。同社は中期経営計画で24年3月期に65億円を目標としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン