/

この記事は会員限定です

日立の歴史、地域再生の糸口に 創業の地と人に学ぶ

[有料会員限定]

日立製作所の歴史を地域再生の糸口にする動きが、北関東の同社ゆかりの地で活発化している。同社は11月、創業の地である茨城県日立市に新施設「日立オリジンパーク」を開設した。人口減が進む地元では起業家精神の醸成や交流人口の増加に期待がかかる。栃木県栃木市では同市出身の創業者である小平浪平氏を顕彰し、人材育成につなげる取り組みが進んでいる。

日立オリジンパークは日立市大みか町に開業、6日から一般公開された。目玉は同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン