/

この記事は会員限定です

社会課題解決へ域外と連携、被災3県 関係人口呼び込む  

東奔北走

[有料会員限定]

東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)で様々な形で域外からの関わりを持つ「関係人口」を呼び込み、復興を後押ししようという動きが活発だ。人口減少などの社会課題の解決に焦点を当てた社会起業家の事業に大企業が積極的に関与している。新型コロナウイルス下で進むオンライン活用を追い風に、連携の輪が広がっている。

毎週火曜日の夕方、モニター画面上で大阪や神奈川などから異なる業種の面々が顔を合わせる。障害をも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン