/

山口のスーパー丸久、移動販売を「とくし丸」に切り替え

丸久が自社運営してきた「いくまる号」

リテールパートナーズ傘下の食品スーパー、丸久(山口県防府市)は買い物困難者のための移動販売を従来の自社運営から、とくし丸(徳島市)との連携に切り替える。7日、アルク南岩国店(山口県岩国市)を拠点にするとくし丸1号車が岩国市内での移動販売を開始した。

丸久はこれまで「いくまる号」の名称で移動販売車9台を自社運営してきた。今後は移動販売を全国展開するとくし丸との連携に切り替え、品ぞろえや効率的な運営など、同社の販売ノウハウを取り入れていく。

7日からとくし丸に切り替えた1号車に続き、残る8台についても販売エリアなどの調整ができ次第、順次とくし丸に移行していく予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン