/

この記事は会員限定です

小林化工、業務再開見通せず 停止期間明けも改善半ば

[有料会員限定]

ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーでオリックス子会社の小林化工(福井県あわら市)は5日、医薬品製造不正による業務停止期間が終了した。2020年末に抗真菌剤への睡眠導入剤の成分混入が発覚して半年、外部専門家による調査を実施し、社長を含め経営陣を刷新するなど改革に努めてきた。ただ、業務再開はなお遠そうだ。

「経営体制はともかく、製造手順などの具体的な話に入れておらず、業務再開の時期は見通せない」と福井県の担当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン