/

岡山市、路線バス・路面電車無料デー8回実施 経済対策

岡山市は7日、消費喚起策などを盛り込んだ経済対策を発表した。路線バス・路面電車の運賃無料デーを7月から12月にかけて計8回設けるほか、市産米を用いた弁当を販売する店舗への補助、スマートフォン決済でのポイント還元事業などを順次実施し、地域経済を支える。6月補正予算を組んで対応する。

記者会見で大森雅夫市長は「(新型コロナウイルスの)感染がある程度落ち着いた状況になり、これからが勝負だ」と話した。路線バス・路面電車の運賃無料デーは2021年度に2回実施。市内の百貨店の来店客数が増えるなどの効果があったことから日数を大幅に増やす。

経済対策には原材料高への対応も盛り込む。食材費の上昇を受けて小中学校に給食費の支援金を交付する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン