/

この記事は会員限定です

長野の水害から2年 復旧着実に、教訓踏まえ防災強化

[有料会員限定]

長野県に甚大な被害をもたらした2019年の台風19号災害から2年が経過した。ここ1年でインフラの復旧工事は多くが完了し、被災企業も大半が事業再開にこぎ着けた。災害の教訓を踏まえた防災体制の強化も着々と進む。一方で、被害の大きかった地域のコミュニティー再生などが課題として残っている。

県のまとめによると、台風19号関連の災害復旧工事5257カ所のうち、8月末時点で86.0%にあたる4516カ所で工事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン