/

この記事は会員限定です

魚の選別をAIで自動化、青森産技食品総研

[有料会員限定]

青森県産業技術センター食品総合研究所(八戸市)は水揚げした魚を自動で選別する技術を実用化した。画像データを基に人工知能(AI)を使った技術で、作業の軽減につながる。漁獲情報のデータを流通業者と共有することが可能となり、販路拡大も期待できる。漁師の高齢化や後継者不足が進むなか、食品総研は県内外への導入を目指す。

各地の沿岸で小規模漁船による定置網漁業は、多品種の魚が入ることが多い。そのため水揚げ時の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン