/

この記事は会員限定です

静岡のSUS、製造ライン向けアルミ増産 27年までに2倍

[有料会員限定]

アルミ製品大手のSUS(静岡市)は2027年までに工場の製造ライン向けアルミ部材の生産能力を現在の2倍の年2万トンにまで引き上げる。工場の自動化に使うアルミ製品などを増産する。自動車産業を中心に製造業では製造拠点の国内移管が進み設備投資意欲が高まっている。生産能力を整え需要の拡大に対応する。

SUSは福島事業所(福島県須賀川市)に約20億円を投じ、大型の押し出し成型機などの生産設備を導入する。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン