/

この記事は会員限定です

「人も街も健康寿命延伸」 弘前市長、健康産業誘致へ

[有料会員限定]

男女とも平均寿命が全国最下位の青森県。人口減少も進むなか、弘前市は「人と街の健康寿命の延伸」を前面に掲げる。弘前大学と連携し、健康診断ビッグデータの人工知能(AI)分析による疾病予防のほか、健康関連企業を誘致して地域経済の底上げを目指す。「健康」を軸に置き、様々な政策の具体化に取り組む桜田宏市長に聞いた。

――健康都市づくりを掲げ、弘前市長に今春再選しました。

「短命県返上が大きな課題となるなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン