/

この記事は会員限定です

浜松いわた信金・高柳理事長 地域特性に合う店舗つくる

信用金庫トップに聞く

[有料会員限定]

人口減少やインターネットバンキングの普及、非対面のやり取りの増加などにより、信用金庫の店舗に求められる役割が変化している。浜松いわた信用金庫(浜松市)の高柳裕久理事長は「地域の特性に応じた店舗設計や人材配置を進める」と話した。地盤の静岡県西部で盛んな製造業を中心に課題解決型の支援を強化する考えも示した。

――地域経済の現状をどう捉えていますか。

「新型コロナウイルス禍から売り上げが回復した取引先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません