/

この記事は会員限定です

富山・南砺のワイナリー、トレボー ブドウ畑でIoT

北陸 Tech&Unique

[有料会員限定]

富山県南砺市でワイナリーを運営するトレボー(同市)は、ワインの原料のブドウ栽培であらゆるものがインターネットにつながるIoTを進める。農園内に高速通信規格「5G」を通したほか、センサーを設置して栽培状況を逐一確認できるようにしている。同社の中山安治社長は「農業はきついという認識が広がっているが、デジタル技術を導入すれば効率化でき、良質な作物にもつながる。高齢化への対策にもなる」と話す。

トレボー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません