/

この記事は会員限定です

名水の里が育む香り、千葉・須藤本家「房総ウイスキー」

酒紀行

[有料会員限定]

JR内房線を木更津駅で乗り換え、房総半島の真ん中を縦に貫くように里山を走る久留里線に揺られて約50分。路線名の由来でもある久留里駅がある久留里地区(千葉県君津市)は良質な地下水に恵まれた名水の里だ。約1年前から地元の老舗酒蔵が千葉県内で初となる地ウイスキーの製造・販売に挑んでいる。

駅から歩いて10分ほどで、1885年(明治18年)に創業した須藤本家の杉玉をつるした店構えが見えてくる。看板銘柄「天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン